2010年03月30日

独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討−枝野行政刷新相(時事通信)

 枝野幸男行政刷新相は29日午後、都内で記者会見し、4月に始める事業仕分け第2弾で対象となる独立行政法人(独法)について、「独法通則法廃止をゴールにしたい」と述べ、仕分け結果を踏まえ、現行制度の廃止を目指す考えを明らかにした。
 枝野氏は独法制度について「失敗だった。あまりにも性格の違う各種の仕事を(独法を定める)通則法という一つのルールの中で動かそうとしているので、合理的な制度運営になっていない」と指摘。
 その上で「今の独法を大幅に再編して、今の形の外郭団体もあるだろうし、違う法人形態もあるだろう。役所の外局、付属機関みたいな形でやった方が効率的な部分もあるのではないか」と述べ、新たな法人形態の在り方を検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート
郵政論議は「民主党らしさ」=行政刷新相
規制改革分科会、29日に初会合
「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す

水俣病和解案、熊本知事も受け入れ正式表明(読売新聞)
郵政改革「最終案」、首相が閣僚懇で調整指示(読売新聞)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
高松塚古墳 保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)
小林議員辞職勧告案提出へ 自民が検討(産経新聞)
posted by カナザワ トシアキ at 02:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。