2010年03月09日

ETC車種登録偽りバス運行=通行料詐欺で社長ら逮捕−千葉県警(時事通信)

 高速道路のETC(自動料金収受システム)車載器に車種を偽って登録し、通行料金をだまし取ったとして、千葉県警交通捜査課などは8日までに、詐欺容疑で、観光バス会社社長岩瀬幸一容疑者(62)=同県長生村岩沼=と役員田村美代子容疑者(50)=同県旭市倉橋=を逮捕、送検した。
 同課によると、ETCの車種登録を偽った詐欺事件の摘発は全国初。両容疑者は「登録したのは自分ではないので分からない」などと、容疑を否認しているという。
 逮捕容疑によると、2人はETC車載器の車種区分で、「特大車」とすべき大型観光バスについて「大型車」と偽って登録。昨年10月24〜25日、ETCレーンを12回通過して差額の計約1万2000円の支払いを免れた疑い。
 同課によると、同社は所有する大型観光バス15台すべてを「大型車」と偽って登録。昨年12月までに約500万円の通行料を免れたとみられる。うち6台は車検や保険の期間が切れた状態で運行しており、同課は道路運送車両法違反(無車検運行)などの疑いでも調べている。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【動画】アクアライン探検隊、出動!
【Off Time】街ある記-富山県魚津
佐川急便元社員を逮捕=架空発注で代金詐取容疑-1億6000万被害か・警視庁
融資金名目で1億超詐取=東電への売掛債権を偽装

小中学生がひったくり=容疑で逮捕「遊ぶ金欲しく」−大阪府警(時事通信)
<バラ>送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)
北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
首相「国民欺かない」 参院予算審議スタート(産経新聞)
高松−宇野航路、存続に転換=廃止申請を取り下げ−国道フェリー(時事通信)
posted by カナザワ トシアキ at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。