2010年02月15日

<東京7歳児虐待>静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ(毎日新聞)

 東京都江戸川区立松本小1年、岡本海渡(かいと)君(当時7歳)に暴行したとして、東京地検は12日、同区の電気工、岡本健二容疑者(31)らを傷害罪で起訴したが 岡本容疑者が09年6月に静岡県磐田市で起きた強盗事件にかかわった疑いがあることが同日、捜査関係者への取材でわかった。県警は既に強盗容疑の逮捕状を取っており、近く再逮捕する。

 県警幹部によると、岡本容疑者は09年6月2日、他の仲間数人と磐田市内の会社役員宅に侵入。当時、1人でいた妻(73)に刃物を突きつけて手足を粘着テープで縛り、金庫から約880万円を奪って逃走した疑いがあるという。県警は12日、この事件にかかわったとして男5人を強盗容疑で逮捕した。【山田毅】

【関連ニュース】
3カ月長男虐待:容疑の父親逮捕 脳に障害か 大阪
親権制限制度:民法改正を法制審に諮問 法相
児童虐待:防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ
匿名通報ダイヤル:2月から児童虐待の情報も受け付け
小1虐待死:小学校、行政側に注意喚起せず 東京・江戸川

【静かな有事】第3部 逆転の発想(2)減る支え手…「助け合い」知恵比べ(産経新聞)
日記に「説明ちんぷんかんぷん」=山本病院患者死亡事件−奈良県警(時事通信)
首相動静(2月10日)(時事通信)
<ユネスコ協会連盟>優遇申請怠る 寄付者、控除受けられず(毎日新聞)
荒川区の小学校 徴用と拉致同一視 女性講師、児童に説明(産経新聞)
posted by カナザワ トシアキ at 17:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

<IOC>南京で14年夏季ユース五輪 総会で決まる(毎日新聞)

 【バンクーバー小坂大】国際オリンピック委員会(IOC)は10日(日本時間11日)、当地で総会を開き、2014年の第2回夏季ユース五輪の開催地に南京(中国)を選んだ。IOC委員による投票では南京市が47票、ポズナン(ポーランド)が42票の接戦だった。ロゲ会長は「成功することに自信を持っている」と述べた。第1回大会は今年、シンガポールで開かれる。

 また、13年のIOC総会の開催地がブエノスアイレスに決まった。13年総会では東京と広島が立候補を検討している20年夏季五輪の開催都市が決まる。この総会では、任期満了となるロゲ会長の後任も選出される。

【関連ニュース】
20年夏季五輪:投票やめ書類選考で国内候補地決定も
20年五輪:長崎市、広島市との共催断念
20年五輪:広島市、単独招致の可能性 長崎市は「無理」
20年五輪:JOC、広島・長崎共催拒否 世論支持を懸念
20年五輪:「広島、長崎共催は推薦できない」JOC会長

民主参院国対委員長「これ以上何を調べるのか」(産経新聞)
宮古・八重山地方で震度3 震源は石垣島近海(産経新聞)
<道新文化事業社>日ハム同行カメラマン肺結核で処分検討 (毎日新聞)
<日中窃盗団>69人送検 被害15億円相当 京都府警など(毎日新聞)
政治資金規正法改正に意欲=首相(時事通信)
posted by カナザワ トシアキ at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

「局長級も降格」規定へ…国家公務員法改正案 (読売新聞)

 政府は6日、今国会に提出する国家公務員法等改正案に、中央省庁の局長級を部長級に降格する人事を可能にする規定を盛り込む方針を固めた。

 次官級から局長級への降格規定はすでに盛り込むことにしており、降格可能な範囲を広げることで、内閣主導による「適材適所」の幹部人事をさらに行いやすくする狙いがある。

 現行法では、国家公務員の身分を保障するため、降格人事を行えるのは処分を受けた場合に限られている。改正案では、局長級から部長級への降格は、〈1〉他の幹部職員に比べて勤務実績が劣っている〈2〉他の幹部職員が優れた業績を上げることが十分見込まれる〈3〉転任させる適当なポストがない――などの条件に該当した場合、可能にするとした。

 局長級から部長級への降格を可能にする規定は当初案にはなかった。ただ、麻生政権が昨年の通常国会に提出して廃案になった改正案には盛り込まれており、政府・与党内から「国会審議で自民党から後退したと批判を受けかねない」との指摘が出たため、今回の改正案にも盛り込むことにした。

鳩山首相、インド洋補給活動終了に「日本の誇りだ。ありがとう」(産経新聞)
<新潟水俣病>和解に向け8日に事前協議 未認定患者救済(毎日新聞)
<掘り出しニュース>丹波竜調査で鳥脚類の化石発見 他種の恐竜発見は初(毎日新聞)
次期首相「トップは舛添氏」 産経・FNN合同世論調査(産経新聞)
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒−風聞・田中正造」など(産経新聞)
posted by カナザワ トシアキ at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。